下剤を飲まない大腸カメラ

事前処置も楽な大腸内視鏡検査

事前処置も楽な大腸内視鏡検査当院では、患者個人個人に合わせたオーダーメイド内視鏡検査を行っており、2L下剤内服なしの下剤注入大腸内視鏡検査を導入しています。
そのため、検査自体は楽なので抵抗がない場合でも、腸管洗浄剤を飲むのが苦痛で検査に二の足を踏んでしまう方も多くいらっしゃいます。
大腸内視鏡検査は手法の進化や洗練された麻酔の導入などにより、安全に、そして苦痛なく受けていただけるようになっています。ただし、事前に2リットルもの腸管洗浄剤(下剤)を服用し、腸内を完全にきれいにする必要がありました。普段、水分をたっぷりとる方でも2リットルの水分を2時間程度で飲み切るのは苦しいものです。そのため、検査自体は楽なのに、腸管洗浄剤を飲むのが苦痛で検査を躊躇する方も多かったのです。
当院では、事前に2リットルもの腸管洗浄剤を服用する必要がない大腸内視鏡検査を導入しています。これは、胃内視鏡検査と同日の大腸内視鏡検査を行う際に可能な検査で、無痛の胃内視鏡検査時に必要な腸管洗浄剤を十二指腸に注入し、その後無痛の大腸内視鏡検査を行います。

同日の胃と大腸の内視鏡検査を楽に受けていただけます

胃がんと大腸がんはともに40歳を超えるとリスクが上昇しはじめる病気で、がんの中でも罹患率や死亡者数が多いという特徴があります。そしてともに、早期発見と適切な治療によって生活やお仕事に支障なく完治可能な病気であり、そのためには定期的な内視鏡検査が有効です。
胃と大腸の内視鏡検査は同日に行うことが可能ですが、その際に事前準備として2リットルもの腸管洗浄剤の服用を短時間に行う必要があり、飲み切れないケースもありました。こうした問題を解決するのが、胃内視鏡検査で食道・胃・十二指腸を観察した後で、内視鏡を通じて腸管洗浄剤を十二指腸に注入してしまう「下剤注入大腸内視鏡」です。
内視鏡で確認しながら下剤注入し、排便回数や時間も下剤内服に比べて短くすませることが多いため、お身体へのご負担も少なくなります。

無痛検査によるメリット

無痛検査によるメリット当院では内視鏡検査と治療のエキスパートである医師が検査を行うため、最少量の鎮静剤使用で無痛検査が可能になっています。また、作用時間の短い鎮静剤や麻酔を適切にコントロールしながら使用するため、検査が終わったらすぐに目覚めます。ただし完全に覚めるまではリカバリールームでお休みいただいています。
眠った状態で検査を受けることができ、大量の腸管洗浄剤を服用する必要がないので苦痛や不快感なく検査を受けていただけますし、リラックスした状態で検査を受けられるため安全性も高くなります。

下剤注入胃と大腸の内視鏡検査

STEP1

前日の夜に下剤4錠を服用します。

STEP2

午前中にご来院いただき、無痛胃内視鏡検査を受けていただきます。

STEP3

食道・胃・十二指腸の粘膜をすみずみまで確認したら、内視鏡を通じて腸管洗浄剤を注入します。

STEP4

注入から30分~1時間で排便がはじまりますが、1~2時間程度で透明な便になるため服用するより排便回数や時間が少なくてすみます。
便が透明になったら大腸内視鏡検査を行います。

STEP5

リカバリールームで少しお休みいただいてから、医師が結果をわかりやすくご説明し、検査が終了します。

関連ページ
24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ