ピロリ菌と除菌方法

ピロリ菌とは

ピロリ菌とはピロリ菌は、正式名称がヘリコバクター・ピロリという細菌で、強い酸性の胃に感染・生息します。胃の中にある胃酸が細菌を殺菌してしまうため、胃の中には細菌が生息できないとされていましたが、オーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルによって1983年にピロリ菌が発見され、これによって両者は2005年にノーベル生理学賞・医学賞を受賞しています。
ピロリ菌が強酸の胃の中で生息できるのは、胃粘膜を守る粘液にある尿素を分解して周囲の胃酸を中和しているからです。ピロリ菌が出す毒素やアンモニアによって胃粘膜の表面にある細胞を破壊するため、胃粘膜の防御機能が弱まり、胃痛や慢性胃炎、胃潰瘍の原因になる可能性があります。また、胃がんの発生などにも大きく関わっていると指摘されています。

ピロリ菌は螺旋形をした細菌で、大きさは4ミクロン(4/1000㎜)程度です。片側に長い鞭毛があり、これを回転させて移動することができます。
感染は幼少期に起こるとされており、いったん感染すると除菌されるか、炎症が進んでピロリ菌が生息できない状態になるまで住み続けます。なお、ピロリ菌による炎症が起きても症状が全く現れずに進行するケースが多く、炎症を繰り返して潰瘍などができてはじめて感染に気付くことがあります。ただし、検査を受けることで感染の有無は判断できますし、感染している場合は除菌治療が可能です。

ピロリ菌とウレアーゼ

胃の中には金属を溶かすこともできるほど強い酸性の塩酸を含む胃酸があります。胃酸は消化を助け、口から入ってきた細菌を殺菌する役割を持っています。胃酸はpH1~2という強い酸性です。ピロリ菌はpH6~7の環境を好み、pH4以下では生存できませんが、ピロリ菌が分泌するウレアーゼによって胃酸を中和して生息を可能にしています。ウレアーゼは酵素で、胃粘液に含まれる尿素を分解してアルカリ性のアンモニアを作り、胃酸を中和させるのです。ピロリ菌はウレアーゼによりアンモニアを作り出すことで胃の防御作業を弱め、毒素を分泌して胃粘膜にダメージを与えます。

ピロリ菌の感染経路

まだ完全にはわかっていませんが、井戸水などを介した感染、糞便を介した感染、そしてヒトからヒトへの感染があると考えられています。大人になってからの感染はほとんど起こらず、幼少期に感染するとされています。衛生状態の改善している先進国では感染者数が少ないのですが、日本は例外的にまだ感染者数が多く、特に40歳代以上を中心に感染率が高く、若年層の感染もそれほど珍しくありません。歯垢や唾液からピロリ菌が検出できることがあるため、口移しなど濃厚な接触による母子感染など家庭内感染が多いとも言われています。

感染予防

衛生状態が良くなっている現在の日本では、生水でピロリ菌に感染するケースはほとんどないと考えらえています。ただし、旅行などで衛生状態の悪い国や場所に幼い子どもを連れていく場合には、生水などを避けるよう心がけてください。
また、幼少期の口移しなど濃厚なスキンシップで感染する可能性があるため、ピロリ菌に感染しているご家族がいる場合には子どもが生まれる前に除菌をしておくことで次世代への感染を予防できます。日本では高齢になるに従ってピロリ菌の感染率が高くなるため、次世代への感染予防のためにもピロリ菌感染検査と除菌治療は重要です。

長く続く胃の痛みや不快感は、ピロリ菌感染によるものかもしれません

胃痛が起こる原因胃もたれや吐き気、空腹時の胃痛、食後の腹痛、食欲不振、胃の不快感などは、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの典型的な症状です。こうした症状を繰り返し起こす場合には、ピロリ菌感染が原因となっている場合がほとんどです。
こうした症状はピロリ菌の除菌治療に成功することで再発を抑えることができます。慢性胃炎や胃潰瘍で胃粘膜の萎縮が進むと胃がんリスクが上昇するとされているため、慢性的に炎症や潰瘍を起こしやすくするピロリ菌を早めに除菌することは将来の健康に大きく役立ちます。

ピロリ菌が起こす病気

ピロリ菌はウレアーゼという酵素を分泌して強い胃酸から自分を守っています。ウレアーゼは胃粘液に含まれる尿素に反応してアルカリ性のアンモニアを作ってピロリ菌の周囲にある強い酸性の胃酸を中和しています。こうしたアンモニアの作用の他にピロリ菌は毒素を分泌して胃粘膜を傷付けます。また、胃はピロリ菌から守るために免疫反応という生体防御反応を起こしますが、これにより炎症が起こります。除菌されるなど特殊な場合を除き、ピロリ菌は胃の中で生息し続けるため、胃粘膜やダメージや炎症を繰り返し受け、さまざまな病気を起こす原因になることがあります。

ピロリ菌感染に関係があるとされている病気
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍

他に胃MALTリンパ腫、発性血小板減少性紫斑病、胃ポリープ 、機能性胃腸症(FD)なども関連が指摘されています。

また、WHO(世界保健機関)は、ピロリ菌を「確実な発がん因子」と1994年に認定しています。感染が持続して炎症が繰り返されると、胃粘膜の萎縮が起きて胃がんになりやすい状態になります。

ピロリ菌の感染検査と除菌治療

ピロリ菌感染の有無は検査で調べることができます。慢性胃炎であれば、ピロリ菌の感染検査は保険診療で受けられます。ただし、その場合は内視鏡検査が必要です。
検査で感染が確認されたら、除菌治療を行います。内視鏡検査を受けて感染がわかった場合には、除菌治療も保険診療で受けることができます。ただし除菌治療後に行う判定のための検査では呼気検査なども保険診療で可能になります。感染検査には内視鏡を使う検査と、使わない検査があります。

内視鏡を使う検査

大腸内視鏡検査内視鏡検査時に、組織を採取して感染の有無を調べます。

迅速ウレアーゼ検査

ピロリ菌が分泌する酵素であるウレアーゼによる働きで作られるアンモニアの量を計測します。

鏡検法

組織を染色してから顕微鏡で観察し、ピロリ菌の有無を確認する検査です。

培養法

組織を培養し、ピロリ菌増殖の有無を確認します。

 

内視鏡を使わない検査

抗体測定

血液や尿に含まれるピロリ菌に対する抗体の有無を調べる検査です。

尿素呼気検査

呼気(吐いた息)による検査です。検査用の薬剤を服用する前後の呼気を集めて調べます。

便中抗原測定

便に含まれるピロリ菌の抗原の有無を調べる検査です。

除菌治療について

除菌治療についてピロリ菌に感染していない場合には、症状や状態に合わせた治療を行っていきます。
感染が確認された場合には除菌治療をおすすめしています。
除菌治療は薬を7日間服用するだけですが、治療を受ける際には専門医による内視鏡検査と診断を必ず受けて、治療の必要性があるかを十分に検討してから受けるようにしてください。

24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ