胃がん

胃がんとは

胃がんとは胃にできた悪性腫瘍の総称であり、いくつかの種類に分けられます。 胃がんは正常な胃粘膜の細胞が変化して増殖し、発症に至ります。ピロリ菌に感染していると、感染していない方に比べて胃がんリスクが大きく上昇することがわかっています。

胃がんは進行するまで自覚症状を起こさないことが多く、進行してもはっきりとした症状が起こらず、転移と伴うようになってはじめて症状を起こして発見されることもあります。胃がんの早期発見には、定期的に胃カメラ検査を受けることが有効です。

胃カメラ検査は、早期の微小な胃がんを発見できる唯一の検査であり、組織を採取できますので確定診断やピロリ菌感染検査を行うこともできます。胃がんは昔から日本人に多いがんだったことから研究が進んでいて、早期発見できれば完治の可能性が高いがんです。

ただし、現在もなお、胃がんはがんによる死因の上位を占めています。当院では胃がんの発症リスクが上昇しはじめる40歳を超えたら、定期的に胃カメラ検査を受けることをおすすめしています。

症状

症状初期にはほとんど自覚症状を起こすことはなく、進行しても明確な自覚症状がない場合もあります。

主な症状
  • 胃痛
  • 胃の不快感
  • 胸やけ
  • 吐き気
  • 食欲不振 など

進行すると、腹部の痛みや不快感、めまい、息切れ、吐血、粘りがあり真っ黒なタール便、全身倦怠感などの症状を伴うこともあります。

原因

原因胃がん発症のはっきりとした原因はわかっていませんが、胃がん発症のリスクを高める要因についてはわかってきています。ピロリ菌感染、塩分の過剰摂取、野菜や果物の摂取不足、喫煙、アルコールの過剰摂取、ストレスなどが胃がん発症の要因とされています。また、ご家族に胃がんがある方も胃がんの発症リスクが高いとされています。

ピロリ菌に感染していると胃粘膜が慢性的な炎症を起こし、胃炎が進行して萎縮性胃炎を発症することがあります。萎縮性胃炎は胃がん発症のリスクが高い状態です。ピロリ菌に感染している場合も除菌治療によって炎症の進行を効果的に抑制できます。

胃がんの種類

胃がんのほとんどは胃壁から発生する腺がんです。

腺がんは、「分化型胃がん」と「未分化型がん」に分けることができます。

分化型胃がん

がん細胞がまとまりながら増殖するタイプで、未分化型と比べた場合、悪性度が低いとされています。

未分化型胃がん

がん細胞がバラバラと広がるように増殖するタイプです。
若い世代や女性に多い傾向があり、増殖速度が高く、早期発見が難しいスキルス胃がんに至ることがあります。

検査

造影剤を使ったX線検査が行われることもありますが、組織採取ができないため確定診断には別途胃カメラ検査が必要になります。

そのため、当院では最初から胃カメラ検査を行っています。また、X線検査では微小な病変の発見は困難です。健康診断などで造影剤を使ったX線検査を受けて異常なしとされた場合でも、胃カメラ検査を行うことで微小な早期胃がんが発見されることもあります。

胃カメラ検査

胃カメラ検査口または鼻から内視鏡を挿入して、食道、胃、十二指腸などの上部消化管粘膜の状態を直接観察する検査です。当院では先進な内視鏡システムを導入し、消化器内視鏡専門医・指導医が多数在籍しています。

微小な早期の胃がんの発見に有効であり、疑わしい部分の組織を採取し、病理検査を行って確定診断が可能です。また、採取した組織でピロリ菌感染の有無を確認することもできます。

胃がんの早期発見・早期治療のためには、年に1回の頻度で定期的な胃カメラ検査を受けることが有効です。

造影剤を用いたX線検査で早期がん発見が困難な理由

造影剤を用いたX線検査で早期がん発見が困難な理由胃表面の凹凸を影として表現する画像で診断する検査ですので、隆起していない平坦な病変は発見しにくい傾向があります。早期の胃がんは平坦でほとんど隆起していないことが多いため見逃されることがあります。

胃カメラ検査では、「CCD(Charge Coupled Device)」や「CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)」が登場して内視鏡画像の解像度が飛躍的に向上し、拡大画像もクリアに確認できるため、微細な病変も発見できるようになっています。

また当院では、特殊な波長の光を用いた観察に切り替えて確認することで、より精度の高い検査を可能にしています。スキルス胃がんなど以前は内視鏡では発見が難しいとされていたタイプの胃がんも、現在は胃カメラ検査で発見が可能になってきています。

造影剤を用いたX線検査では被爆を伴い、早期胃がんを発見できた場合でも確定診断のために改めて胃カメラ検査を行って組織を採取して病理検査を行う必要がありますので、最初から胃カメラ検査を受けるケースは増えています。

こんな場合にもご相談ください

こんな場合にもご相談ください造影剤を用いたX線検査では異常なしでも症状が続く、他院で胃カメラ検査を受け異常がなかったが不安といった場合にもご相談ください。胃カメラ検査は、担当する医師の技術や知識、診断経験によって得られる情報が変わってしまう検査です。

また、内視鏡機器やスコープの性能も数年で大きく進歩している現在、どういった機材を使って検査を行うかによっても結果が大きく左右されます。当院では、大学病院や基幹病院で内視鏡検査・治療の研鑽を積んできた消化器内視鏡を専門とする医師が検査を行っており、先進な内視鏡システムを使用しています。精度の高い検査を行った上で、専門スタッフが検査画像を用いて詳しく状態をご説明しています。

土日祝日の検査・診療も行っています。女性医師による検査も可能です。胃カメラ検査に関するご不安がある方も、安心してご相談ください。

治療

治療胃がんの治療方法は、「内視鏡的切除」「外科手術」「化学療法」の3つに大きく分けられ、進行状態だけでなく患者様の年齢やライフスタイル、お考えなども考慮した上で相談しながら最適な治療法を決めることが重要です。

当院では、胃がんの治療が必要になった患者様としっかりご相談した上で、信頼できる連携医療機関をご紹介して、適切な治療を受けていただけるようにしています。

当院の連携医療機関:東京大学医学部附属病院、東京大学医科学研究所附属病院、癌研有明病院、NTT東日本関東病院、日本赤十字社医療センターなど

内視鏡的切除

内視鏡によって、がんの病巣を切除します。

内視鏡治療は近年大幅に進歩を遂げていて、これまでは内視鏡的切除が難しかった症例でも適切な治療を行えるようになってきています。侵襲が少なく、回復の早いことが大きなメリットです。

外科手術

がんの進行状況などに合わせて、胃全体や2/3以上を切除する定型手術、一部を切除する縮小手術、周囲の臓器や組織を一緒に切除する拡大手術などを行います。

化学療法

抗がん剤治療です。使われる薬には、「S-1」「シスプラチン」「パクリタキセル」「ドセタキセル」「イリノテカン」などがあります。

治療として行われるだけでなく、再発予防のために行うこともあります。

24時間WEB予約 コロナ徹底対策
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ