急な体重減少

このような症状は要注意

体重の急激な変化は身体からの重要なサインです。特に体重減少がある場合、治療が必要な疾患が隠れている可能性があります。

下記のような症状があった場合には、早めに消化器内科を受診して原因を確かめてください。

  • ダイエットをしていないのに体重が減ってきている
  • 食欲がなく、体重が減りはじめた
  • いつもと変わらない食事内容や量なのに、体重が落ちてきている
  • 半年で4~5㎏以上痩せてしまった
  • 半年で体重が5%以上減った

体重が減少する原因

体重が減少する原因

エネルギー不足、エネルギー消費の増加、エネルギーがどこかに消えているという3つに大きく分けられます。原因は多岐に渡り、消化器疾患だけでも相当な数に上ります。

体重減少の症状を起こす疾患には、糖尿病、甲状腺機能亢進症、腎疾患、心疾患などもありますが、ここでは消化器疾患を中心にご説明しています。

エネルギー不足

食事量自体が少ない、吸収障害がある、栄養の利用障害があるなどによって生じています。

エネルギー不足による体重減少を起こす代表的な病気には、食道がん・胃がん・大腸がん、膵臓がん、胆のうがんなどがあります。逆流性食道炎や食道アカラシアでは食道の狭窄が起こり、食べ物の通過が妨げられて体重減少を起こします。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、難病指定されている炎症性腸疾患の潰瘍性大腸炎・クローン病では、腹痛や消化管の機能低下を起こします。膵炎や胆石症では腹痛などによって食事を十分にとれなくなって体重が減少することがあります。

栄養の利用障害による体重減少は、慢性肝炎や肝硬変などでも起こり、十分に食事をしていても痩せることがあります。消化管の手術後や下剤などによる体重減少もエネルギー不足に含まれます。

エネルギー消費の増加

がんが活発に増殖してエネルギー消費量が増えて痩せてしまう状態がここに当てはまります。

がんによる体重減少は進行してから現れることが多い症状ですので、早急に消化器内科を受診してください。

エネルギーがどこかに消えている

寄生虫にエネルギーをとられている場合や、まれですがタンパク質が腸管の表面から排出されてしまう蛋白漏出胃腸症といった疾患もあります。

医師に相談する目安

医師に相談する目安他の症状が伴う場合や、半年で4~5㎏または体重の5%以上の減少がある場合には、できるだけ早く消化器内科を受診してください。体重減少は消化器疾患によって生じることが多く、症状に直接関わるエネルギー摂取や消費についても専門的な知識や経験を持っています。

当院では、専門医による胃カメラ検査・大腸カメラ検査をはじめ、腹部エコー(超音波)検査などの精度の高い検査が可能です。

困った際には消化器専門外来へ

困った際には消化器専門外来へ当院では、専門医・指導医が消化器内科の診療を行っています。体重減少は深刻な消化器疾患によって生じている可能性のある症状です。理由に心当たりのない体重減少は、身体からの重要なサインです。

当院では予約優先の診療を行っており、土日祝日の検査や診察も可能です。WEB予約は24時間可能ですので、急に体重が減少しておかしいと感じたら、お気軽にご相談ください。

24時間WEB予約 コロナ徹底対策
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ