胃もたれ

胃もたれとは

胃もたれとは食べたものの消化が遅く、胃に食べ物が長時間たまっている状態で生じる不快な症状です。胃が重い、胃の膨満感、食べすぎのような感覚が長く続くなどがあり、軽い吐き気を胃もたれと感じるケースもあります。

幅広い症状を含んでいますので、医師に症状を伝える際に、どんな感覚なのかを「胃もたれ」という言葉以外で説明するとより正確に状態が伝わります。

胃もたれの原因

胃もたれの原因

胃もたれは、日常的な原因や消化器疾患によって生じます。暴飲暴食などの食事内容、ストレス、そして消化管の機能が低下する加齢が日常的な胃もたれの主な原因になります。

胃腸の機能は自律神経がコントロールしているため、ストレスで自律神経のバランスが崩れると消化器の働きが低下し、胃もたれを起こしやすくなります。

消化器疾患の症状として胃もたれが現れることもよくあります。胃もたれは軽い症状ですが、消化器疾患は症状が軽くても、胃がんなど深刻な疾患によって生じることがありますので注意が必要です。

胃もたれから考えられる病気

  • ピロリ菌感染
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 機能性ディスペプシア など

胃もたれから考えられる病気胃がんは現在も罹患者数の多いがんです。研究が進んでいるため、有効な予防法や治療法がわかってきていますが、もっとも効果的なのは早期発見です。胃がんは早期発見できれば完治の可能性が高い疾患です。

ただし、胃がんで胃もたれの症状が現れるのは、進行して胃の機能低下、食べたものの通過が妨げられるといった状態になってからです。胃がんの症状も市販薬によって緩和できるため、受診が遅れて進行させてしまうことが少なくありません。胃もたれの症状があった場合には、早めに消化器内科を受診してください。

ピロリ菌感染は、慢性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんリスクの高い萎縮性胃炎を引き起こす原因であり、感染が確認された場合は、除菌治療が可能になります。抗生物質2種とその効果を高める胃酸分泌抑制薬を1週間服用するという治療です。ピロリ菌が除菌されると炎症、潰瘍などの再発を効果的に防ぐことができます。また、除菌治療により、胃もたれなどの症状軽減することもあります。

消化器内科以外では正しい診断や適切な治療が難しい疾患に機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)があります。胃カメラ検査をしても炎症などの病変はありませんが、消化管の機能異常や知覚過敏などによって胃もたれをはじめとする症状を起こしている疾患です。原因不明の胃もたれや、少量で満腹になってしまうなどの症状がある場合にはご相談ください。

検査

検査胃もたれは軽度の症状と感じられるかもしれませんが、深刻な疾患の症状として起こっている場合があります。慢性的に続く場合や、これまで何度も再発している場合には、早めに消化器内科を受診して胃カメラ検査を受け、原因疾患がないかをしっかり確かめることが重要です。

治療

治療疾患がある場合にはその治療が優先されます。当院では患者様の症状や胃カメラの粘膜所見などの状態、ライフスタイルなどにきめ細かく合わせた薬を処方しています。

また、胃もたれの症状を改善するためには食生活をはじめとした生活習慣の改善が有効です。就寝の2時間以上前に夕食をとり、食べすぎ・動物性脂肪・甘いもの、刺激の強いものを控え、よく噛んで食べるようにしてください。適度な運動は消化管の働きを活性化し、血流が改善して代謝もよくなります。

入浴時にはバスタブに浸かって芯まで温まり、冷えを解消することも役立ちます。無理をせずにこうした改善を取り入れましょう。

困ったときは消化器専門外来へ

困ったときは消化器専門外来へ当院では、消化器を専門とする医師が消化器内科の診療を行っています。胃もたれは軽い症状と感じられますが、実は進行した胃がんで生じることもある症状です。

当院では土日祝日の検査や診察も可能です。予約優先の診療を行っており、WEB予約は24時間可能ですので、胃もたれなど気になる症状がある場合には、お気軽にご相談ください。

24時間WEB予約 コロナ徹底対策
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ