胃潰瘍

胃潰瘍とは

胃潰瘍とは胃の粘膜がえぐれるように深く傷ついている状態です。

昔はストレスによって生じると考えられていたことから、ストレス潰瘍と呼ばれていましたが、現在ではストレス意外でも胃潰瘍を発症することがあることがわかってきています。

胃潰瘍の主因にはピロリ菌感染が深く関与しており、再発を繰り返すことが多くなっています。ピロリ菌除菌に成功すると、胃潰瘍の再発を効果的に予防できます。

また、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やステロイドの長期使用によって胃潰瘍を発症することも、最近は増えてきています。

原因

ピロリ菌感染

胃潰瘍の原因は、その7割以上がピロリ菌とされています。 ピロリ菌は、幼少期に口から入って感染すると考えられています。

ピロリ菌は酵素によってアンモニアを作り出して周囲を中和することで胃に生息し、慢性胃炎を起こし、慢性胃炎が続くことで一部が胃潰瘍などを発症します。ピロリ菌感染による胃潰瘍の場合、ピロリ菌の除菌治療に成功することで、胃潰瘍の再発を効果的に予防できます。

除菌治療は2種類の抗生物質と効果を高める胃酸分泌抑制薬を1週間程度服用するだけですので、心身への負担が少ない治療です。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やステロイドの長期使用

薬の長期使用によって胃に負担がかかり、胃潰瘍を発症することがあります。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、腰痛、膝痛、関節リウマチなどの痛み止めとしても効果が高いのですが、胃粘膜を荒らしやすいという性質を持っています。

また、市販薬にも含まれている場合がありますので、注意が必要です。

ストレス

過労、睡眠不足、緊張、不安、環境の変化などによる心身のストレスは、胃潰瘍の誘因になることがあります。
特に急性の強いストレスは、胃潰瘍の誘因になることがあります。

刺激の強い飲食物

唐辛子などの香辛料、熱い・冷たいものを好んで摂取するといった食生活が胃潰瘍の誘因になることがあります。

嗜好品

喫煙は血管を収縮させるため、胃粘膜の血流が低下して、胃潰瘍を引き起こしやすい状態になります。
また、大量の飲酒やブラックコーヒーは胃に負担がかかり、胃潰瘍の原因になることがあります。

食生活

暴飲暴食、就寝直前に食事をする、よく噛まないで食べる、早食いなど、食生活も胃に大きな負担をかけ、胃潰瘍の誘因になることがあります。

症状

主な症状はみぞおち周辺の痛みです。胃潰瘍の自覚症状の90%が腹痛とされていて、ほとんどはみぞおち周辺に感じます。

黒色便、吐血などの症状を伴うこともありますが、逆にほとんど症状を起こさないこともあります。
なお、潰瘍から出血がある場合、胃カメラ検査時に止血処置をすることが可能です。

みぞおち周辺の痛み

みぞおち周辺の痛み食後に痛みを生じることが多く、食事量が多いと長時間痛みが続きます。空腹時に痛みが起こり、食事をすると痛みが緩和する場合は、十二指腸潰瘍が疑われます。

みぞおち周辺の痛みは強くても潰瘍が悪化とは限らず、逆に状態が進行していても痛みに乏しいこともあります。ただし、潰瘍が深くなって胃に孔が開く穿孔性潰瘍になると、激しい痛みを生じ、救急受診が必要になります。そうならないためにも、早めに受診してください。

吐き気、嘔吐、食欲不振、体重減少

吐き気、嘔吐、食欲不振、体重減少胸やけ、酸っぱいものが上がってくる、げっぷなどを起こすことがあります。吐き気や嘔吐があり、食欲が低下して体重が減少するといった症状も起こります。

胃液分泌が過剰になると、胃液が食道に逆流して胸やけを起こすことがあります。

吐血

吐血胃潰瘍の傷にある血管が破れて出血し、胃酸と血液が混じって黒っぽい血を吐くことがあります。出血が多いと貧血を起こし、冷汗、頻脈など脈拍の乱れ、動悸、めまいやふらつき、血圧低下、激痛を起こすことがあります。吐血した場合は、緊急内視鏡検査が必要ですので、救急病院に早急に受診することが必要です。

下血

下血胃潰瘍の傷にある血管が破れて出血した血液が混じって、真っ黒く粘り気のあるタール便が出ます。出血が多いと貧血を起こし、冷汗、頻脈など脈拍の乱れ、動悸、めまいやふらつき、血圧低下、激痛を起こすことがあります。

タール便は吐血に比べて発見が遅れやすいため注意が必要です。

腰や背中の痛み

腰や背中の痛み炎症の範囲が広がると腰や背中などに痛みを生じる場合があります。背中の痛みは、膵臓に炎症が及んでいる可能性があり、早急な受診が必要です。

口臭、酸っぱいものが上がってくる、げっぷ、胸やけ

口臭、酸っぱいものが上がってくる、げっぷ、胸やけ胃酸過多で、口臭、酸っぱいものが上がってくる、げっぷ、胸やけといった症状を起こすことがあります。口臭は、胃癌、食道癌などの疾患で生じる症状でもあるので注意が必要です。

治療

治療現在は胃潰瘍の治療に効果的な胃酸分泌抑制薬があり、内科的治療により2か月程度で治せることが多くなっています。出血している場合には、胃カメラ検査時に内視鏡によって止血処置を行います。

激しい痛みがあるなど穿孔性潰瘍が疑われる場合にはCTなどの検査を行い、穿孔が確認された場合には外科手術が必要になります。 原因がピロリ菌感染の場合には、除菌治療が再発予防に有効であり、抗生物質2種類とその効果を高める胃酸分泌抑制薬を1週間服用するだけの治療です。

24時間WEB予約 コロナ徹底対策
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ