大腸カメラの流れ

大腸カメラ検査の流れ

Step1検査前 食事の注意

前日の午前から、繊維が多いもの、種が多いものなど消化の悪いものは控えてください。 前日の夕食は腹5分目にして午後8時ぐらいまでに済ませます。その後は絶食ですが、水分はとって構いません。ただし、お水やお茶、スポーツドリンクなど透明なものを飲んでください。

Step2検査前 準備について

前日の午後9時にあらかじめお渡しした下剤を飲みます。 検査当日の検査4時間前から、大腸をきれいにする目的で下剤2リットルほどを数回に分けて飲みます(下剤内服なしコースでは不要です)。腸管内がきれいになったことを確認してから、検査着に着替えます。

Step3内視鏡検査

内視鏡ナビゲーションシステム診察台に横になります。

  1. 肛門に麻酔のゼリーを塗ります。
  2. 内視鏡を挿入します。
  3. 医師が腸内を隅々まで観察します。

検査の所要時間は数十分が目安です。 ※検査中は身体の力を抜いて、リラックスすることを心がけてください。 ※大腸をしっかり観察するために、お身体の向きを横向きから仰向きに変えていただく場合もあります。 医師がご説明しながら指示させていただきます。

Step4検査後 注意について

  1. 治療検査終了後は、リカバリールームで横になってしばらく安静を保ちます。
  2. 基本的に、当日結果をお伝えしています。ただし、生検やポリープ切除を行った場合には、後日改めて病理検査結果をお伝えします。基本的にご来院いただいて結果をご説明しますが、希望者には遠隔診療(電話など)にてご説明いたします(要予約)。

検査後、お渡しした下部消化管内視鏡検査後の注意についての用紙をお読みください。わからないことなどがありましたら、気軽にスタッフへお声掛けください。

関連ページ
24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ