苦痛を減らすためにお腹の張りをなくす二酸化炭素

苦しい張りを素早く解消

苦しい張りを素早く解消内視鏡検査の際には、ヒダやシワなどに隠れた部分もくまなく検査するために気体を送気して膨らませて粘膜を確認します。一般的な内視鏡検査では送気する気体に空気が使われていたため、検査後も張りが数時間残ることもありました。不意にお腹が大きく鳴ったり、思わぬ時にガスが出てしまうケースもあったため、不愉快な思いをされた方もいらっしゃると思います。
それを解消したのが、当院で導入している炭酸ガス(二酸化炭素)送気システムです。

炭酸ガス(二酸化炭素)送気システム

炭酸ガス(二酸化炭素)送気システム炭酸ガスは空気に比べて100倍も水に溶けやすく、生体吸収力が高いため、お腹の張りが長く残ることがありません。また、素早く吸収された炭酸ガスは二酸化炭素となって呼気(吐く息)で排出されるため、安全性も高いのです。
実際に検査直後にX線撮影を行ってみると、空気を送気した場合には各部分にかなりの気体が残っていますが、炭酸ガスを送気した場合にはすでにほとんど残っておらず、その差は歴然としています。
検査後の腹部膨満感や不快感を抑え、楽にお過ごしいただくために、当院では炭酸ガス送気システムを導入しています。

関連ページ
24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ