食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは

食道裂孔ヘルニアとは人間の胴体は胸腔と腹腔という上下の空間に分けられていて、胸腔には肺や心臓があり、腹腔には胃・肝臓・胆のう・膵臓・小腸・大腸、腎臓、膀胱などがあります。

胸腔と腹腔の間は横隔膜に遮られています。食道は口から入った飲食物を腹腔にある胃に届ける必要がありますので、横隔膜に開いた狭い食道裂孔を通っています。

食道裂孔ヘルニアは、食道裂孔から胃の一部が胸腔の方にはみ出してしまっている状態です。胃の上部が全体に上にずれてきているのが滑脱型、胃壁の一部が袋状になって飛び出ているのが傍食道型と呼ばれ、両方の特徴がある混合型も加えた3タイプに分けられます。

症状

症状食道裂孔ヘルニアは特に症状を起こさないことも多く、その場合には治療の必要はありません。ただし、食道裂孔ヘルニアがあると胃の内容物が食道に逆流しやすくなりますので、逆流性食道炎の発症・再発リスクが上昇します。

逆流性食道炎を起こすと、胸やけ、呑酸、つかえ感、咳などの症状が現れます。逆流性食道炎が重症化すると、嚥下困難や嚥下時の痛みなどを起こすことがあります。また、逆流性食道炎を繰り返して食道粘膜が胃粘膜のようになるバレット食道を発症するとバレット食道がんを発症のリスクが上昇してしまうとされています。

また、まれですが、食道裂孔ヘルニアが重度の場合には、胸腔を圧迫して胸部圧迫感や動悸、息苦しさ、呼吸困難といった症状を起こすこともあります。

診断

診断胃カメラ検査を行うことで、食道裂孔のゆるみ、噴門部の隙間、食道と胃の接合部が胸腔に上がってしまっている様子を確認できます。粘膜の状態も確認できますので、食道粘膜の炎症の有無や状態、バレット食道の有無も確認できます。

また、疑わしい組織を採取して確定診断に役立ちます。 また、胸部X線検査、造影剤を用いた腹部X線検査、CT検査などによって診断される場合もあります。

治療

治療症状がなければ特に治療は必要ありません。

逆流性食道炎の症状がある場合には、食生活をはじめとする生活習慣の改善や薬物療法による治療を行います。症状自体は薬物療法により解消しやすいのですが、再発防止のためにも生活習慣の改善は不可欠です。

なお、こうした保存的療法では十分に改善できない場合や、胸腔の圧迫による呼吸困難や動悸などの症状がある場合には種々治療を検討します。

24時間WEB予約 コロナ徹底対策
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ