虚血性腸炎

虚血性腸炎とは

虚血性腸炎とは腸管の一部に血流障害が生じ、それによって炎症が生じている状態です。虚血は一過性の血流障害で、虚血性腸炎は大腸でも下行結腸からS状結腸に起こる一過性の血流障害のことが多いです。

主な症状は、強い左下腹部痛、下痢、血便、嘔吐などで、動脈硬化などの既往がある高齢者の発症が多くなっています。

虚血性腸炎の要因

動脈硬化や血圧の低下といった血管の問題によって生じる場合と、便秘などによる腸管内圧の上昇や蠕動運動亢進といった腸管の問題によって生じる場合があります。高血圧や高脂血症、便秘などがある中高年の発症が多くなっています。

また、感染性腸炎や下剤の内服によって発症することもあります。

検査と診断

検査と診断問診で症状や既往症、服用している薬などについて伺います。腹痛や下痢、血便を起こす疾患は数多くありますので、大腸カメラ検査を行って特徴的な所見の有無を確認します。

治療

治療多くの場合、数日間安静を保つことで症状が解消します。

軽症の場合には、外来診療を受けながら消化器への負担が少ない食事と安静を保って自然治癒を待ちます。痛みが強く、血便の量が多いなど重症の場合には、入院による絶食と点滴が必要になります。

重症度が高く狭窄を起こしている場合も、安静を保つことで狭窄が解消することが多くなっています。ただし、狭窄が改善しない場合や、壊死を起こしている場合には手術が必要になります。

24時間WEB予約 コロナ徹底対策
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約 TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ