胸やけ

胸やけについて

胸やけについて胸やけは、暴飲暴食など日常的な原因で生じることもありますが、早急な治療が必要な消化器疾患によって起こっていることもあります。げっぷを伴う胸やけ、胸全体が激しく痛む、夜中に目覚めてしまうなどの場合は早めの受診をお勧めします。

なお、慢性的な胸やけがある場合、逆流性食道炎によって生じていることが多いのですが、炎症が長く続いてしまうと食道がんリスクが上昇してしまうことがあります。市販薬で解消できる場合も、胸やけが続く場合には消化器内科を受診してください。

原因

原因胸やけの原因疾患として、もっとも多いのは逆流性食道炎です。逆流性食道炎は、胃酸を含む胃の内容物が逆流して、食道に炎症を起こす疾患です。症状自体は市販薬で解消できますが、適切な治療で食道の炎症をしっかり治し、再発防止につながる治療をしないと再発しやすい疾患です。

再発には、食事内容や食習慣、姿勢、腹部の締め付けなども大きく関与していますので、生活習慣の見直しも重要になってきます。 また、胸やけは胃がんの症状として現れていることもあります。早期の胃がんは自覚症状に乏しいため、軽い胸やけ程度のちょっとした異常を感じた場合も消化器内科を受診することが有効です。

原因

胃カメラ検査

胃カメラ検査胸やけの原因のほとんどは逆流性食道炎ですので、胃カメラ検査で食道粘膜の状態をしっかり調べることで、適切な治療につながります。

胃や十二指腸の粘膜も詳細に調べることができますので、胸やけの原因を見極めるために有効な検査です。胃カメラ検査では疑わしい部分の組織を採取することができますので、確定診断にもつながります。 当院では内視鏡専門医が最新鋭の高度な内視鏡システムを使って精緻な検査を行っています。

鎮静剤を使うことでウトウトと眠っているような状態で受けられる検査も可能ですので安心してご相談ください。

薬物療法

薬物療法胃カメラ検査が行えない場合には、胃酸分泌抑制薬などを処方し、経過を観察することもあります。ただし、原因を確かめることができないため、疾患を進行させてしまうリスクがあります。

胸やけを放置していると

胸やけを放置していると逆流性食道炎で食道粘膜の炎症が長期間続くと、食道がんリスクが上昇してしまいます。また、胸やけが胃がんの症状として現れることもありますので、市販薬などでごまかして放置してしまうと進行して大変な治療が必要になってしまう可能性もあります。

初期症状のうちに受診し、症状の解消だけでなく炎症もしっかり治して、再発させないことが重要です。胸やけが続くと感じたら、できるだけ早くご相談ください。

胸やけでお悩みの方はお気軽にご相談ください

胸やけでお悩みの方はお気軽にご相談ください当院では、消化器内科の専門外来診療を行っています。胸やけは逆流性食道炎に多い症状ですが、違う疾患が隠れている場合もありますので、当院では専門医が丁寧に診断・治療を行っています。

特に重要になるのか精度の高い胃カメラ検査です。内視鏡専門医・指導医がクオリティの高い検査を行い、患者様の負担も最小限にしています。当院では、土日祝日の検査や診療も行っており、24時間WEB予約などによって患者様ができるだけストレスなく受診できるようにしています。

胸やけがあったらすぐ薬物療法という安易で危険な解決を図らず、将来の健康やQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上につながる根治に向けた治療を受けたいとお考えの場合には、お気軽にご相談ください。

24時間WEB予約 コロナ徹底対策
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ