胃・十二指腸潰瘍の症状・検査・治療

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは胃壁や十二指腸の腸壁が深く傷ついている状態で、胃潰瘍と十二指腸潰瘍を合わせて消化性潰瘍と呼ばれることもあります。ピロリ菌感染によって起こっているケースが多く、次いで非ステロイド性抗炎症薬の服用によるものがあります。炎症が繰り返され、粘膜を守る粘液が減るなどによって傷が深くなって潰瘍になります。潰瘍が深くなると、潰瘍出血や潰瘍穿孔といった重篤な状態になることがあり、早めの治療が必要です。またピロリ菌感染がある場合には、進行させてしまうと胃がんリスクも高くなりますので、早めに内視鏡検査を受けて、感染がわかったら除菌治療を受けることが重要です。ピロリ菌除菌に成功した場合、潰瘍や炎症の再発を抑制できますし、胃がんリスクも下げることができます。
非ステロイド性抗炎症薬は粘膜を傷付けやすくする作用と粘膜の保護を弱めてしまう作用を持っているため、潰瘍リスクが上がります。潰瘍を解消するための治療も重要ですが、違う薬剤を用いることが可能かどうかもしっかり検討する必要があります。
最近は消化性潰瘍が減少傾向にありますが、これはピロリ菌感染者が減少していていること、潰瘍の再発防止に有効な除菌治療や症状を効果的に改善できる薬剤の登場などが関与しているとされています。ただし、非ステロイド性抗炎症薬による胃潰瘍・十二指腸潰瘍は増加しています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

潰瘍のできた場所によって、痛みなどの症状が起こるタイミングや内容が異なります。また、胃炎や胃がんの他、特に粘膜の異常をともなわない胃疾患でも同じような症状を起こすため、専門医を受診して的確な診断と治療を受けることが重要です。また潰瘍があっても症状を起こさずに進行しているケースも存在します。

  • 空腹時・夜間・食事後など決まったタイミングで起こるみぞおちの痛み
  • 背中の痛み
  • 腹部の膨満感
  • 吐き気や嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 下血
  • 吐血
  • 黒っぽい便

ピロリ菌について

ピロリ菌について胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因で最も多いのはピロリ菌感染です。ピロリ菌は幼少期に感染して胃に住み着いて胃や十二指腸の慢性的な炎症を起こしやすくするため、ピロリ菌感染があると潰瘍に進行するリスクが高い状態です。ピロリ菌感染で炎症や潰瘍が進行すると、胃がんや十二指腸がんのリスクも上昇してしまいます。検査で感染がわかったら、除菌治療に成功することで炎症や潰瘍の再発を抑え、胃がんリスクを軽減することができます。
先進国ではピロリ菌感染が少ないのですが日本では感染者がまだ多いのが現状です。井戸水などを介した感染だけでなく、人から人へもピロリ菌感染があると考えられており、幼少期の口移しなど濃厚な接触によって感染しているのではとされています。特に40歳以上の感染率が高いのですが、除菌治療に成功した場合は次世代への新たな感染をも防止できます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の診療と検査

問診

症状の内容、症状が現れた時期、食生活、既往症や服用している薬などについてうかがいます。

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査直接、食道・胃・十二指腸の粘膜を観察できるため、それぞれの疾患に特有の病変の有無が確認できます。また、組織を採取してピロリ菌感染検査や病理検査による確定診断も可能です。
粘膜の状態をしっかり確認することで、適切な治療が可能になります。良性疾患であっても、できるだけ短い期間で効果的な治療ができます。
当院では楽に受けていただける精度の高い無痛内視鏡検査を行っており、多数の内視鏡専門医や指導医がおり、丁寧に検査を行っておりますので、安心してご相談ください。

その他の検査

他にも、貧血の有無や膵臓・肝臓など他の臓器の病気の可能性をみるための血液検査も重要です。心疾患や肺疾患などでみぞおちや背中の痛みが出ていることもありますので、慎重に判断します。また胆石や虫垂炎などの可能性がある場合には、腹部超音波検査(エコー検査)も有効です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療検査で悪性であることがわかった場合には、手術を検討します。良性であった場合は、ピロリ菌感染陽性であれば除菌治療をおすすめしています。潰瘍の症状は、プロトンポンプ阻害剤やH2受容体拮抗剤といった胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬、胃の蠕動運動機能改善薬などの薬物療法で比較的スムーズに改善できます。ピロリ菌の除菌治療に成功することで、炎症や潰瘍の再発を抑制できます。
ピロリ菌の除菌治療については、こちらをご覧ください。

市販薬について

近年になって胃や十二指腸の症状を効果的に抑えられるガスターなどの市販薬が登場していますが、効果が高いだけに受診が遅れて病気を進行させてしまうケースが増えてきています。胃がんなど深刻な病気の症状もこうした市販薬で抑えられてしまうことがありますので、服用しないと症状が続くようでしたら、できるだけ早く専門医を受診してください。

関連ページ
24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ