おしりから血が出たら・・・

おしりからの出血

おしりからの出血出血はどこで起こっても慌ててしまうものですが、トイレの際におしりからの出血があった場合、外傷のように患部を確認できないため不安がより大きくなります。痔でも便器が赤く染まるような大出血を起こすことがあり、それで驚いて受診されるケースも珍しくありません。
量や色などの違いがあったとしても、おしりか出血するということは何かしらの異常が起きているということです。
おしりからの出血は、大腸や肛門に起こる幅広い病気の症状であり、しっかり検査しないと原因はわかりません。迅速な治療が必要な病気である可能性もありますので、少量だから、頻度が高くないからと放置せず、必ず早めに専門医を受診しましょう。

おしりからの出血で考えられる病気

トイレの後でペーパーに血が付着する・下着に血液が付く

痛みがない場合

内痔核(いぼ痔)の可能性が高いと言えます。いぼ痔ができる場合、肛門にできる外痔核と、直腸にできる内痔核があります。肛門は皮膚なので知覚神経があるため痛みを生じやすく、直腸は粘膜ですから痛みが現れにくい特徴があります。
潰瘍性大腸炎や虚血性大腸炎、クローン病など炎症性の大腸疾患、大腸がんや大腸ポリープでも起こることがあります。また、直腸の粘膜が肛門から飛び出す直腸脱によって少量の出血が起こる場合があります。

痛みがある場合

排便時の痛みがある場合には、切れ痔(裂肛)の可能性があります。また肛門にできる血栓性外痔核でも強い痛みが起こります。出血はペーパーに付着する程度であることがほとんどです。
痔ろうの場合は、肛門周囲膿瘍を伴い痛みや発熱などがありますが、皮膚に瘻管の穴が開通して排膿され痛みは解消します。これにより血の混じった膿などが下着に付着することがよくあります。

便器に血液がポタポタたれる・便器が赤くなるほど出血する

痛みがない場合

内痔核が原因の出血が強く疑われます。

痛みがある場合

排便時に強く痛む場合は切れ痔の可能性もあります。

いきんでも血液しか出ない

普通の便が出ず、血液しか出なく、痛みもない場合は、大腸の病気による出血が疑われます。最も多いのは袋状になった大腸憩室から起こっている出血です。
潰瘍性大腸炎や虚血性大腸炎、クローン病など炎症性の大腸疾患、大腸がんや大腸ポリープでも起こることがあり、注意が必要です。また内痔核で出血した血液が直腸に長時間たまっていたものが出てきた場合には、赤黒い血液が出てくることがあります。

治療

治療痔の場合は塗り薬や内服薬の治療を中心に、状態に適した治療を行っていきます。必要と判断されれば手術をお勧めすることもあります。
炎症性の潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性腸炎などや、大腸がんや大腸ポリープによる出血が疑われる場合には、内視鏡検査が必要になります。当院では無痛の内視鏡検査を行っており、多数の内視鏡専門医や指導医が在籍しており、検査を担当しています。痛みや不快感なく、楽に受けていただけるため、まずはご相談ください。

関連ページ
24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ
TEL:03-3447-6337 求人募集
一番上に戻る
一番上に戻る
24時間WEB予約TEL:03-3447-6337
クリニックブログ 24時間WEB予約 メールでのお問い合わせ